マイクロキッズ

『クリエイティブ型』完全理系のプログラミング教室

microkids

イギリス生まれのマイクロビット(micro:bit)を使い、日本のプログラミング教育の第一人者である川原田康文氏が講座監修。2020年度から小学校においてもプログラミング教育が必修化されることとなり、他国で実績のあるマイクロビット(micro:bit)は様々な教育シーンで活用される可能性があります。『マイクロキッズ』は、新時代の必修スキルであるプログラミングの基礎を習得しながら、電子工作まで経験できる理系男子・理系女子のための教室です。
(対象:小学3年生〜小学6年生)

4つの特徴

microkids

読み・書き・計算+「プログラミング」

「プログラミング」は令和時代に新たに加わった必修スキルです。しかし、本格的なコードプログラミングは必修スキルでは決してありません。パソコンの基本操作・変数や乱数の理解・内容の要素分解→組み立て、以上の3点のみが必修スキル。その3点に集中した1年カリキュラムで、すっきりと新時代の必修スキルを早めに身につけてしまいましょう。

microkids

イギリス生まれのマイクロビット(micro:bit)

講座で使用する「マイクロビット(micro:bit)」とは、イギリスの公共放送局BBCが開発した、小学生を対象としたプログラミング教育のためのマイコンボードです。イギリスでは11〜12歳の全小学生に配布され、実際にプログラミング教育の中で活用されています。このハードをメインで使用し、日本の小学生に最適な内容を構築しました。

microkids

基板で仕組みから理解する→電子工作

シンプルなむき出しの基板には、加速度センサや磁力センサ、無線通信機能が搭載されています。LEDライトやボタンスイッチを活用しながら、ハードの仕組みから理解を深めます。さらに、追加ツールとして「ブレットボード」や「超音波センサ」などを配布し、小学生が理解可能な範囲で電子工作まで経験を深めてもらいます。

microkids

ロボットプログラミング教育の第一人者が監修

World Robot Summitジュニアカテゴリー競技委員でもあり、ソフトバンクグループが取り組む「Pepper 社会貢献プログラム」の教師用指導書監修者でもある、川原田康文氏が監修する最新のプログラミング教室『マイクロキッズ』。これからの時代の必修スキルであるプログラミングの基礎を、効率的に楽しく身につけることができます。

カリキュラムの流れ

ステップ

マイクロキッズ
基礎学習(3ヶ月)

全10講座の基礎学習でプログラミングを学ぶ上での前提知識を学びます。「パソコンの扱い」「ローマ字タイピング」「変数とは?」「乱数とは?」「それぞれのセンサの役割」など、単元ごとに整理して学習します。

ステップ

マイクロキッズ
定着度判定テスト(1ヶ月)

基礎学習の定着度を測るオリジナルテストです。
例題:マイクロビットが揺さぶられたとき、温度を表示させて、温度が25℃を超えていたら、「真ん中のミ」の音を鳴らして下さい。

ステップ

マイクロキッズ
テーマ学習(8ヶ月)

「運動」「交通」「医療」などの設定されたテーマについて、基礎学習で身につけたプログラミングスキルと追加キット(ブレットボードや超音波センサなど)を駆使した電子工作を合わせ、課題解決に挑みます。

1レッスン:90分

授業回数:月2回

※複数の日程設定がございます。 定員に達していない日程への変更であれば、振替可能です。

マイクロキッズ NEWS

最新の学習を、京都の地で、より多くの子ども達へ。

開講スケジュール
2018年9,10月 無料体験教室
2018年11,12月 準備講座開講
2019年1月 本講座開講
無料体験申し込み
お問い合わせ